投資を始める時にFXを選ぶメリット

24時間いつでも取引可能なFXは、平日の昼間は仕事で株取引が難しいという社会人でも気軽に始められる投資法として人気となっています。そんなFXには、取引時間以外にも様々なメリットがあります。 FXのメリットの一つが、手数料無料で取引ができる業者が多いことです。株式投資の場合、取引を行う度に手数料がかかるのに対し、FXの場合は手数料無料となっています。 ただ、手数料無料では、FX業者は利益を生み出すことができません。そのため、完全に手数料無料という訳ではなく、売値と買値の差額となるスプレッド、注文価格と約定価格の差額となるスリッページという形で、取引金額の一部が業者に入る形となっています。 取引の段階で、業者側の利益が生み出されていると聞くと、知らない間に多くの手数料を取られているのではないかと不安を感じる人もいるでしょう。しかし、0.3銭のスプレッドであれば、10,000通貨で取引を行っても支払うのは僅か30円です。そのため、株式投資よりも少ない手数料で取引を行うことができます。手数料が高ければ、取引回数が気になる状態となることも少なくありませんが、手数料が格安であれば支払う費用を気にすることなく、安心して取引に集中することができます。 より手軽に取引を行いたい時は、スプレッドが低く設定されている業者、さらにシステムが強くスリッページが起きにくい業者を選ぶようにしておくと良いでしょう。 そして、もう一つFXの大きな魅力が、少ない金額でも大きな取引ができることです。FXに興味を持っていても、元手が少なければ僅かな金額しか増やすことができない、手間がかかるだけの状態になってしまうと考える人もいるでしょう。しかし、最大25倍のレバレッジを利用すれば、少ない元手でも高額取引を行うことができます。 動かすお金が大きくなれば、その分利益が確定した時に手にする金額も増えることになります。投資を始めたい気持ちはあっても、まとまったお金を用意することは難しいという場合は、レバレッジを利用できるFXを選んでおくと良いでしょう。 レバレッジを利用するために必要となるのが、証拠金です。証拠金は担保になるもので、必要となる金額は取引をする単位などによって変わります。取引をする単位が少なめであれば、1万円以下の証拠金でレバレッジをきかせた取引を行うことも可能です。 少しでもFXに興味を持っているのであれば、まずは実際に取引をしてみるところから始めてみると良いでしょう。